読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★こあら★のアクティブライフ!

とにかくアクティブな女子のブログです。大型二輪の免許取ってハーレーデビュー。キャンプやウィンドサーフィン、ライブなどなど、とにかくアウトドア大好きです!!

母からのプレゼント

今週のお題「プレゼントしたい本」

 

今日は敬老の日ですね。

30歳を目前に控えたこあらです。

こんばんは。

 

今週のお題。プレゼントしたい本。

 

わたしは普段全然本を読みません。

読み始めるとハマってひたすら読むのですが、

2週間ほどでその波は去り、

またアウトドアな日々が復活するのが常です。

 

そんなこあらですが、

印象に残っている本がいくつかあります。

そのひとつがこれ。

 

http://amzn.to/2czVghG

 

ちいさなあなたへ。

f:id:towanitomoni:20160918220128j:image

 

これは正直、

実際小さい時にはそんなに心に響かない、

大人向けの絵本だとわたしは思います。

 

わたしが社会人1、2年目くらいのときに、

母から、

『これはまさに私からの遺書。(おもっっっ!!)』といい、

実家から宅急便で送られてきた本です。

 

実家を離れ、

1人で暮らし始め、

親元を離れて東京で暮らし始めたからこそ、

親との付き合い方について考えさせられました。

 

不器用なわたしの母は、

話し好きなくせに、

子供との対話は直接的にものを言えずに、

いつも、『お父さんはこう言ってるけど本当は〇〇だよ』とか、

『お父さん、ほんとは〇〇なのに素直じゃないね』

とか言って、

いつも父をダシにあれこれ言ってくるのですが、

本当はいちばん不器用なのは母だと、

わたしは知ってます。

でも、とてつもなくプライドが高く負けず嫌いの母は、

絶対弱みを子供であるわたしに見せようとしません。

お酒を飲んで、

たまーーーーーに酔っ払う時に、

弱音を吐くことはあるのですが、

本当に稀なケース。

 

そんな母が、

わざわざ遺書とまで言って送ってきたので、

よっぽど母の気持ちを表現した本なんだなーと、

重く受け止めました。

 

私はまだ母ではないですが、

自分が親になったら…と、

この本を読みながら想像すると、

それだけで涙が出てきます。

 

実際に30までわたし(と兄)を見守ってきた両親を思うと、

もう涙は止まりません。

 

この本は、

親が面倒くさいなぁと思っているあなたや、

自分は親になってみたものの、

子供との付き合いに悩んでいるお父さんお母さんに、

特に読んでもらいたいなぁと思います。

 

皆さんの、プレゼントしたい本は、

なんですか??