読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★こあら★のアクティブライフ!

とにかくアクティブな女子のブログです。大型二輪の免許取ってハーレーデビュー。キャンプやウィンドサーフィン、ライブなどなど、とにかくアウトドア大好きです!!

iPhoneが海水で水没してしまったときにやってはいけないこととやるべきこと

4月某日、宮古島で、

買ったばかりの防水ケースに入れていたiPhone

「海水で」水没させてしまいました。。。

 

outdoor-life.hatenablog.com

 

なのでしばらく携帯も使えないし、写真もなかなか復旧しなくて更新遅れました・・・という言い訳で更新を怠ってたのですが、

気付けばもう1か月!!

 

やはりこういったタスクは、

覚えているうちにすぐ消化すべきですね。

タイミングを逃すと、もはや少し記憶が薄れてきております(笑)

 

ちゃんと、海に入る前に、浸水のチェックはしたのですが、

まぁ防水ケースの不具合であっさり浸水。

 

その日は、宮古島から東京に戻る日で、

飛行機に乗る直前に、ヒヤリとするハプニングがあったので、

同じ目に遭う人が少しでも減るように、

ここにまとめたいと思います。

 

まず経緯から。

 

宮古島3日目、

もともと持っていた防水ケースが

若干浸水していることに気付いたわたし。

 

4日目のウィンドサーフィンに行く前に、

宮古島ドンキホーテ

www.donki.com

に行き、

お土産を買いがてら、防水ケースを吟味。

 

さすが宮古島!!

結構たくさんの種類の防水ケースがあって、

30分くらい詳細をにらめっこしながら、

十数メートルまでもぐっても大丈夫で、

耐衝撃、防塵性能もあり、

さらにTouch IDまで使えてしまう、

ステキな防水ケースを購入することにしました。

 

お値段も、そこまで高いわけではないけど、

安物でもなかったです。

 

早速、ウィンドを始める前に浸水テスト。

問題なし!

 

てことで、

早速、新しいケースにiPhoneを入れ、

ウィンドを開始!

の前に念のためもう一回、浸水しないか確認!

 

大丈夫!!

 

てことで、安心してウィンド開始しました。

 

ほとんど、海から落ちることもなかったのですが、

あるとき、ふと視線を胸の方に落としてみたら、

 

むむむ?

何や!?!?!?!?

 

・・・いやな予感。。。

 

 

ん!!!!! ケースの中に水が見える!!

しかも結構大量!!!!!!!

 

 

ケースの中に水が溜まり、

iPhoneが浸水していました。。。

 

結構、念には念を!と思っていたのに

浸水してしまったので、大ショックです。

 

そんなことがあったのでした。

ここからは、その後の対処について。

 

このときはとりあえずiPhone動いてたので、

大慌てでビーチに戻り、

タオルでiPhoneを拭き、

中に水が入ってないかの確認のため、

iPhoneをフリフリ。

はい、これまず一つ目。

浸水したら心配でやってしまいそうなやつ!

これ、やっちゃだめです。

みなさん、よーく覚えておきましょう。

 

 

iPhoneフリフリしたところ、

少し水が中にあることに気付き、

こあら、青ざめます。

 

やばい、これはまずい。

 

いちばん水が入ってそうな、

ホームボタンを何度も押して、

水を出してみます。

 

はい、これもやっちゃだめです。

かえって、ボタンを押すことで、

中に水やら塩やらが入り込みやすいそうです。

 

そんなこんなしてるうちに、

iPhone、画面が映らなくなります。

 

こあら、パニック。

これは電池のせいかも!

 

そう思ったわたしは、

持っていた携帯充電器で、

充電を開始します。

 

 

これ、もっともやってはいけないそうです。

一気に電気がスマホに流れ、

ショートしてしまうそう。。。

 

次第に熱くなるiPhone

なんか、まずさを察知して、

充電器は抜いたものの、

iPhoneはどんどん熱くなるばかり。

 

そして、ついに、iPhone、画面だけでなく、

ほんとうに動かなくなりました。

 

電話も受けられなくなったこの時点で、

 

もう完全アウト!と理解。

 

一緒に行った先輩に調べてもらって、

今までやった対処がことごとくアウトだったとわかり、

楽しかった思い出が、突如くらーい思い出に塗り替えられていき、

めちゃ凹みました。。。

 

でも凹んでてもしょうがないし、

何よりあと数十分でフライト!!

電話が受けられなくなった時点で、既に空港に到着していて、

こんな発熱したままのiPhoneを持って飛行機に乗らせてもらえるかもわからない、

でも、最終便だから乗るしかない!

やばい!!!!

みたいな焦りもあり、

藁にもすがる思いで、できることはなんでもやろうとこころを決めました。

 

でも、

iPhoneが海水で水没したとき」

みたいなgoogle検索すると、

 

「海水で水没したらまず80%くらいの確率でアウト」

とか、

「とにかくまずは、海水を落とすためにiPhoneを水洗い!!」

とか、

なんかもう、データが助かる気がしない情報しかなかったのですよ。。。

 

凹む凹む。

本当に凹む。

 

でもやるしかないから、

空港のトイレの洗面所で、

ひたすらiPhoneを水洗い。

 

時々、お客さんとか空港スタッフの人がその不憫な私の姿を見て、

「あーあ」みたいな顔をして去っていくのが

すっごく切なかったです。

 

あ、そうそう、思い出した。

その、水洗いしたときに、

水洗いしてもやっぱり水に濡れたままにするよりは

乾かした方がいいだろう!!と思って

ハンドドライヤー

iPhoneをあてたのですが、

それもアウト!だそうです。

 

そして、そんなこんなしてたら、

搭乗5分くらい前になって、

ようやくiPhoneの発熱がおさまりました。

ヘタに途中充電したりしちゃったから

電池の残量が増えてしまったために、

無駄にギリギリまでバッテリーが生きてたのです。。。

 

でもとりあえず、飛行機に乗れたので、

それだけで満足。

 

なんとか無事、東京まで戻ってこられました。

そこから先は、

家まで1時間半ちょい。

iPadWi-Fiモデル)も持ってたので、

iPadを、Wi-Fiのあるところを転々としながら帰宅。

コンビニWi-Fiのありがたさを、

人生で初めて感じた瞬間でした。

 

無事に帰宅したあと、

もう怖いもののなくなった私は、

夫に依頼し、iPhoneを分解。

 

わかりにくいと思うんですが・・・

結構水洗いしたにもかかわらず、

結構、いろんなところに塩分が残ってしまっていて、

まずはそれを磨いて落とします。

このとき、アルコールスプレーをして、ふき取りました。

 

そして、祈るような気持ちで、

ちょっと充電してみましたが、

iPhone、動く気配なし。びくともしません。。。

 

夫によると、

それで全部解決するかはわからないけど、

とにかく充電ができないということは、

バッテリーがおかしいはず、とのこと。

 

なのでまずはネットで、

iPhoneのバッテリーを購入することにしました。

 

でも直るかわからないので、

中国製(だったと思う)の安物のバッテリーをチョイス。

早速翌日に届きました。

 

バッテリー、この間iPhoneのリコールでかえたばっかりだったのに・・・

と、かなり凹みましたが、

そんなこと言ってる場合ではありません。

 

届いた日の夜に早速バッテリー交換。

初めて、細かいiPhoneの構造を目の当たりにしたのですが、

いやー、よくもまぁあんな小さい部品が、

この小さい機械の中におさまってるなぁと感心しました。

 

で、交換後、もう一度電源を入れたところ・・・

動かないー(~_~;)

 

やっぱだめかぁ・・・と思ったのですが、

よーーーーーーーーーーーーーく目を凝らしてみると・・・

うっっっっすら、

ディスプレイに何か写っているような、いないような・・・?

 

てことはもしや、バックアップとかとれちゃうのか!?

と思い、

PCに接続してみると、

バックアップできた!!!!!!

これはうれしい。最高な気分です。

これで、写真は全部無事かも・・・?

 

とほっとしました。

 

夫曰く、

「これはもしかしたらディスプレイの問題かも。買ってみる?」

 

「はい、お願いします」

 

そりゃ即答ですよね。

できる選択肢は全部やるしかないです。

迷う暇なんてありません。

また、その日のうちにAmazonに注文し、

翌日にディスプレイ到着。

 

こちらも、到着した日の夜に、交換。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

点いた!!!!!

 

交換したら、無事、ディスプレイ、つきました。

懐かしの、ホーム画面。

涙が出そうになりました。

夫と、ハイタッチ!

 

でも、若干動作が不安定。

突然ボタンも画面も無反応、再起動もできない!

みたいなのが1、2日に一度発生する感じでした。

 

悩むわたし。

 

とりあえず動く、でも、動かないときかなり困る!!

 

こんな状況だけど、

売れるなら売ってみよう!

そして、それを元手に新しいスマホを買おうではないか!!

 

 

てことで、

いろいろ調べて、

店舗型の買い取り屋さんに行ってみることに。

 

念のため、先に補足しますが、

もし、店員さんに、故障をしたことがあるか、とか、

何か問題があるか、とか聞かれたら、

ちゃんと正直に答えるつもりでした。

 

が!!!

持って行ったお店で、

そのようなことを一切聞かれなかったのです!!

しかも、

事前に仕入れていた、ネットの買い取り屋さんの最高値よりも、

高く提示してくれたんです!!

買い取り額。

 

なので、ちょっと良心痛みましたが、

買ってもらうことにしました。

 

思いがけず手に入れたお金を握りしめ、

Apple Storeへ向かいます。

そして、iPhone7を購入。

 

もちろんつけました、補償!!

 

www.apple.com

 

ちょうど、Redが出たばかりだったので、

Redにしてみました。

 

128GB 83,800円(税抜)に、AppleCare+ 14,800円(税抜)をつけ、

消費税を含めると、10万越え!!

スマホにそんなにかけるのか!と思いつつも、

やっぱり、AndroidよりもiPhoneの方が、動作も軽いし性能もよくて好きな私としてはしょうがない。

 

まぁ、前のスマホの売却分で得したし、いいことにしよう!と思い、

購入。

 

帰宅して、

先日とったバックアップのとおりに復旧して、

無事、快適なiPhone生活を取り戻したこあらでした。

 

ひとつだけ誤算は、

iPhoneからiPhoneの機種変更をする前に、

数日間だけ、

Androidに機種変更したんです。

そのときに、

LINEの情報がどうやっても引き継げないので、

トーク履歴とか、設定しといた名前とかが全部消えてしまったこと。

 

我慢して、この数日間、AndroidでLINEをしなければ、

前のiPhoneのデータをそのまま引き継げたのですが、

やはり日常的にLINEのない生活は現実的ではなかったので

なくなく、トーク履歴等をあきらめて機種変更したのです。

 

でも、この、AndroidiPhoneの機種変更は、

大変リスクをともなうので、

できれば機種は、どちらかのOSで統一しておくことをおすすめします。

 

では、最後に、まとめます!!

 

iPhoneを海水で水没させてしまったときの注意事項】

  • iPhoneを振らない
  • むやみにボタンや画面を押さない
  • 充電しない
  • 乾燥させたくてもドライヤー等の乾燥機は使わない

 

iPhoneが海水で水没したらまずやること】

  • まずは水洗い
  • バックアップを取る
  • ふき取れる水はすべてふき取る
  • 上記の最低限の動作以外動かさない

【普段からやっておくべきこと】

  • 定期的なバックアップ
  • 防水ケースは念入りにチェック
  • LINEは定期的にバックアップ&PCやiPhoneなどスマホ以外でも見られるようにしておく
  • 機種変更するなら、できれば同じOSがオススメ

 

です。

 

これ、どれもすごく重要!

私と同じような失敗をする人を、

これをきっかけに少しでも減らせるといいなぁ。

 

と思います。

 

検索でこの記事にたどり着いた方!

無事を祈ります!!!!